フランチャイズを利用すればミニストップを経営できる

婦人

コンセプトの確立

学生

塾を起業する場合、重要なのがコンセプトを明確にすることです。しっかりとしたコンセプトが、将来の運営にも大きく影響してきます。具体的に小学生や中学生、大学生などターゲット層を明確にする、また塾の位置関係などをしっかり検討して、きちんとしたコンセプトを考えるようにしましょう。このコンセプトが決まれば、次は商圏の調査を行います。実際に塾を開業したいと考えるエリアがどういったところなのかをチェックするため、必ず分析を実施してください。コンセプトでまとめたターゲット層に見合う出店エリアであるかどうか、正確に判断することが大切です。商圏によって通う生徒の家庭環境や目指す学校などが変わり、塾指導の料金設定なども決まります。分析の方法です、国勢調査などの数値を参考にするといいでしょう。ここでのポンイトは、商圏、物件、導線という、3視点からの考察です。現地調査が終われば、次は教室をどうデザインしていくかを考えましょう。教室のデザインについては、デザイン業者などに依頼するとスムーズに事が進むはずです。塾を起業するときには、起業者だけでなく、デザイン業者や工事業者の影響力が大きくなることもあります。起業者がイメージする学習塾にするには、理想としているものをうまく形にしてくれる業者の選定が必要不可欠になります。デザイン設計が終わると、次は融資の申込みです。塾経営では、自己資金で足りない分を融資で補う必要があります。金融機関には、「創業融資」や「創業融資支援」など、経営向けの商品が用意されています。その中から自分に合ったものを選びましょう。融資を受けるところまで決まったら、教室の建築、スタッフ募集、開業広告を行います。そして最後は諸官庁に必要書類を届出して、開業になります。