フランチャイズを利用すればミニストップを経営できる

婦人

成熟市場での展開

バリスタ

ニーズを探る姿勢が大事

比較的簡単に開業する事のできる飲食店にカフェがあります。開業するまでの準備があまり必要なく、短期間で開業することができます。保健所などの申請も厳密なものではなく、申請すればほぼ100パーセントの確率で承認されることになります。カフェはすでに街中では飽和状態です。つまり成熟市場なのです。大手も数多く参入している現実からすると顧客の奪い合いが発生します。その中で生き残るためには工夫が必要になります。開業前にもそして開業したのちにも工夫をしないと数年で淘汰されてしまいます。カフェはオーナーのイメージが強くでる傾向にあります。オーナーがどのようなカフェを実現させたいのかがそのまま店の形になることが多いのです。しかし現実は需要がなければ店を維持することはできません。隣に大手のチェーン店があれば、顧客は大手に吸い寄せられるのが現実なのです。そのため、開業前にしっかりとしたコンセプトを立てることが大事なポイントになります。顧客にどのように思われる店になりたいのかを明確にしておくことが大事なのです。そして常に顧客ニーズを探ることです。顧客ニーズは変化しつつあります。すべての来店客が満足しているとは限りません。しかし何が不満でどうしてほしいのかを明確に伝える顧客はほとんどいないのも現実です。そのため、顧客の動きや発言などに常に耳を傾け、何をニーズとしているのかを考える姿勢が大事になります。顧客ありきのサービスであることを忘れてはならないのです。