鍵なくしたというトラブルはどんなときに起こるのか

鍵は紛失しやすいアイテム

様々な場面で持ち運ばれる鍵ですが、その分紛失するケースも多いです。気づいた時には鍵なくしたという場面になっているため、そういった際に、なくしそうな場所を把握していると見つけることができるかもしれません。

鍵をなくしやすい場所をランキング

no.1

自宅の玄関

鍵の紛失場所で一番多いのが、自宅の玄関になります。毎日使うために玄関に置いておく人も多い中、いつもの場所と安心してしまい、ふとした拍子に紛失するケースがあるため、なくしてしまったと感じたら、玄関周りを探してみると見付かる可能性があります。

no.2

意外になくしやすいカバンの中

鍵をカバンに入れて紛失するケースは少なくありません。カバンの中には様々なものが入っているため、どこに紛れ込んでしまったのかわからなくなってしまうこともあれば、カバンを変える際に取り忘れてしまうことがあるからです。そのため、カバンの中を探す際には、小さなポケットなども確認しましょう。

no.3

要注意な洋服のポケット

外出の際などに洋服のポケットの中に鍵をしまう人は多くいます。鍵は小さなものなため、取り出したと思っても、ポケットの中に残っている可能性があります。その状態で洗濯をしたり、クローゼットなどに片付けてしまうため、見つけ出すのに時間がかかってしまいます。

鍵なくしたというトラブルはどんなときに起こるのか

女の人

紛失しないための対策

小さく代わり映えを見せない鍵を紛失しないために、多くの対策方法があります。その中でも簡単にできるのが、キーホルダーをつけることです。鍵よりも大きなキーホルダーをつけることで、カバンなどの様々なものが入っている場所でも簡単に見つけ出すことができます。また、鈴などの音がするものを一緒にしているだけで、落とした際も音で気づくことができます。

紛失届けは出しておこう

家の鍵をなくしたなど、様々な鍵トラブルを経験している人は多いですが、紛失届けを出す人は意外と少ないです。新しい鍵を作ればいいと考える人も少なくないですが、万が一紛失してしまった鍵を誰かが拾った際に、それを悪用されてしまっては大変です。そのため、紛失届けを出すことで、トラブルが発生しても迅速に対応することができます。

会社の備品などは即連絡をしよう

会社の社員証やロッカーの鍵などを借りている人も少なくありません。こういったものを紛失してしまった場合、すぐに会社へ連絡する必要があります。社員証を入館証にしている会社も多いため、セキュリティの問題に関わってくるからです。また、会社の備品でもありますので、紛失届けを出す必要があるからです。「探せばみつかるかも」と安易に考えて、トラブルになってしまう前に連絡しましょう。

鍵をなくしたことがある人たちの声

早朝でも丁寧に対応してもらえた

夜勤の仕事から帰ってきて家の鍵を開けようとしたら、カバンに入っているはずの鍵が見当たらなくて、混乱してしまいました。職場の同僚に連絡してもそれらしいものはないとの事で、どうしようと思っていたのですが、業者にお願いしたら、早い時間だったのにも関わらず丁寧に対応してくれました。

支払いにクレジット払いができたのはありがたかった

出先で車の鍵を紛失してしまい、所持金もそこまで持っていない状態で、業者に連絡するのはとても不安でした。しかし、支払いでクレジット払いができると聞き、すぐにお願いすることにしました。とても助かりました。

広告募集中